読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kocoromusubi

ただシンプルに。ただ直向きに。

零れ落ちる。

両手で掬った水のように、塞ぎきれない掌の隙間から零れ落ちる。

嗚呼、何も残らなかった、と、掌に膜を張った水分だけが愛おしい。

貯めようとするから、無くなるのが怖くなる。掬う事を覚えてしまったから、無いものを強請る。

悪循環のそれを解消などできず、その循環しか知らぬように廻る。


水が乾き切ってしまったらお仕舞い。それを受ける側でしか考えたことがなかった私は傲慢。


私は、水になれるだろうか。

留まれないのならば、沸き続けたい。流れ続け、枯れることの無いように。

流れ続け、渇くことのないように。